FP資格がもたらしてくれる独立の将来性

当サイトは、これからFPの資格を狙って、就職や転職を成功させたいと思っている人たち向けの情報を提示するサイトです。独立や開業をするFPになることとなると、今からFPの試験を受けるアナタには身に迫った問題ではありませんね。
アナタが目指すとしても遠い先のことですから、他のページではふれてきませんでしたが、将来的に年収を増やしたい場合は独立や開業のことも知っておくべきですから、軽くふれておくことにします。

独立や開業をする場合は、FP2級よりも上の資格を取得するほうがよいでしょう。
FP1級とCFPですが、持っているほうが信頼されやすくなります。またCFPは海外でも通用する資格です。

独立をする場合は、FPとしてたっぷりと自信が持てるくらいの実務を積んでからになりますが、うまくいけば確かにアナタの年収が数百万円単位で上がっていくことも夢ではありません。
勤務型の場合、アナタの年収が1000万円を超える可能性はかなり少ないでしょう。
しかし独立型FPならアナタ次第でその夢も広がるわけです。
もっとも、うまくいかない人たちがいることも見落とせない事実ですね。
数年越しで年収を上げていくようなプランが安全でしょう……しかし失敗例は絶えないそうです。

FPの仕事は保険をメインに、金融周辺の相談全般ですが、相談やコンサルティングを通じて評判をあげて顧問契約を取ることがおすすめの常套手段です。
たとえば、「1回の相談料が一万数千円」「1件の顧問契約で月額数万円」といったやり方です。

ただし、アナタが一般家庭等を中心に顧客を開拓するとなると、そこまでの報酬を取れないこともあり得ます。
「1回の相談で数千円」という設定にしないと顧客がつかないということも多いですね。親近感を持たれる事務所をアナタが持ちたいと思ったら、格安の料金でたくさんの一般家庭から信頼と評判を勝ち取る作戦も必要になってくるでしょう。

成功している独立型FPは、企業や法人を多く顧客に抱えていることも多いですし、その場合はさまざまなコンサルティングにまで業務を拡大していることも珍しくありません。
そうなると、FPの資格だけでは不十分なため、「他の資格を取得する」「FP以外の業務も請けられるようにする」 なんて戦略でがんばっていることが多くなってきます。

アナタが独立して自分の看板を掲げることを見据えているなら、さまざまな試練をクリアする計画を立てていったほうがよいことが、ここまでで伝わったでしょうか。
独立型FPに興味があって、ひとまずは金融業界での仕事や就職のためにFP受験を志望している場合は、レベルの高い講師がいる通学や通信講座を利用すると指導の合間に、FPの(独立を含めた)現実やこれからの展望を教えてもらえることもあります。

講師の情報を公開している学校や通信講座のサイトを見て、資料を取り寄せてみるのも一興でしょう。

Categories :