FP資格で、就職の機会が増える業界

FPの資格を就職や転職の切り札にしたい人が増えています。
今は新卒学生の内定率が低落している時代で、社会人の転職や主婦の再就職ともなると競争も激化しますよね。
FP資格に関心が出てきたら、「就職や転職にどれくらい役立つのか」を誰だって確かめたくなるでしょう。

銀行や証券会社、そして保険会社といった、FPと縁の深い業界に就職をアナタがしたいのなら、FPの資格は非常におすすめです。金融機関の三分の二くらいが、社員(まだFP資格を持っていない場合)にFP受験を奨励しているというデータもあるくらいです
(実際に、取得していないと就職・入社後にFP2級まで習得させられるケースがよくあります)。
それを考えると、これから金融の世界にアナタが就職・転職をしたいなら、FPの資格を取っておいて損をすることはまったくありませんね。
同じくらいの能力のある人材が就職面接のときに並んでいたら、FPの資格を持っている者から優先されると思って間違いないでしょう。
学生だったら、いきなり(2級から受けるのはしんどいでしょうが)せめてFP3級くらいは受かってから就職活動に臨むようにしたいところです。
できれば、大学2年生くらいの時期から、3級→2級へとステップアップするように受けていきたいものですね。

FP2級の資格は、現在では金融関係のほか不動産業界等でも要求される資格のひとつになっています。
金融業界では2級がむしろ「持っていて当たり前」といった趣があるくらいです。
その他の業界でも、金融業者と折衝を繰り返す立場になる労務や財務関係(総務・人事・経理等ですね)で就職をしたいとアナタが思うなら、FP2級まで取っておくと強みになります。

そして、FP2級とセットになることが多いAFPの資格は、国際資格CFPへの足掛かりとなるばかりではなく、提案書の作成業務等を研修の段階で学べますし、さまざまなコンサルティング業務を行う能力を持てます。
提案という業務はFPにとっては、大きな飛躍を遂げる上でも重要ですから、「FP2級+AFP」というセットで取ると、就職や転職の際にアナタにとって強力な切り札になることでしょう。

「日本には金持ちの数が少ないから、アメリカほどFPの仕事は増えない」なんて揶揄されたこともありましたが、今のような金融不安や社会体制の崩壊が社会全体に根強く感じられる時代は自分の財産を守る・長期的な資産運用を考える……という風潮が広まるときでもあります。
FPの存在感は上がっていきますし、アナタも時代の波に乗れば多様性に富んだ仕事につけるチャンスがあります。
早いこと、FPに受かって就職・転職を果たして、キャリアアップを実現していきましょう。

Categories :