FPの3級の受けやすさ研究

FPの3級を受けることにしたら、受験するチャンスは1年に3回あります。
……そう聞くと、気分はだいぶ楽にならないでしょうか? 
アナタには1度失敗しても、すぐにまたFP3級の再受験をするチャンスがめぐってくることになります。

しかし、アナタがFP3級の資格を就職や転職のために使いたいのだったら、悠長に受けなおす時間があるとも限りませんし、なるべく1発で受かってしまいたいものですよね。
そして、FP3級の試験の内容は次のようになっています。

△学科試験

マークシート方式の試験です。出題形式は○×問題や選択問題(三択)ですが、他の資格試験と比べたらだいぶやりやすい試験だと捉えてもよいでしょう。
しかし、120分で60問を解かないといけません。つまり、1問につき2分しかかけることができませんからすいすいと解いていかないと……時間オーバーになってしまうことに留意しましょう。
1問1点で合計60点満点のテストですが、36点で合格することができます。

△実技試験

実は、どの組織を通して受けるかで内容が変わります。

・金融財政事情研究会の実技試験
選択問題(三択)ですが、マークシート方式ではありません。
50点満点のテストで、30点以上の点数なら合格します。
試験時間は60分ですが、問題は15問くらいです。
・日本FP協会の実技試験
マークシート方式による選択問題(三択)です。
100点満点のテストで、60点以上の点数なら合格します。
試験時間は60分ですが、問題は20問くらいです。

FP3級をアナタが受けるなら、学科試験・実技試験いずれも6割の正答を出すことが目標になります。
2種類の試験は、どちらかを先に受けてもいいですし、一緒に受けてもかまいません。
できれば一緒に受けてしまったほうがよいでしょう。あとまわしにしている間に、法制度が変わって勉強内容に修正を迫られる可能性もゼロではないからです。

FP3級は受けるチャンスも多いですし、アナタの就職や転職のスケジュールに合わせてスケジューリングをするとよいでしょう。手際よく勉強できる場合は全部独学でもいけますが、アナタが経済や金融のことをほとんど知らない場合、日本経済新聞や経済雑誌を広げたときに出てくる用語についていけないようだったら、学校や通信教育を使ったほうが入り込みやすくなります。
特に通信教育の場合、FP3級ともなると費用が格安で済みますから得をすることができます。

Categories :