FPの難易度のわかりやすい目安

FPの難易度FPは、級が複雑に分かれている資格です。しかし、それぞれの級の難易度にかかわらずFPは、広く社会での価値が高まっている資格でもあります。

近年の日本は、社会の状況も経済の状況も激しく変わっています。景気の下落や雇用の不安定さが絶えず人々に有形無形のプレッシャーをかけている……そんな実態がありますよね? 
そんな時代の変化を受けて、従来は地味だったFPが急速に注目を浴びてきました。

金融不安等の影響もあってFPへの依頼も増えている途中ですし、FPへの需要を反映して、FPの難易度を調べて、FPになりたいと考える人も増えています。

もしアナタが、FPの資格を取得したらどうなるでしょうか?
就職や転職を希望するときに、アナタの売りにすることができるでしょう。
そんなアナタのために当サイトでは、FPの難易度やFPの資格の使途を考えていきたいと思います。

FPの難易度は実際のところどうなっているでしょうか。
アナタがFPのことを難易度どころか何も知らなくて、これからFPになって、就職や転職を有利にしたいとしたら、3級や2級が、合格目標になるでしょう。

資格試験の難易度をチェックするときよく取り上げられるのは合格率ですが、当サイトではもっとわかりやすい、合格までの想定(推奨)勉強時間で表記してみたいと思います。
FPの難易度をなんとなくつかみとってくださいね。

FP3級;
勉強時間の平均の目安は70~80時間(準備期間は平均で2~4ヶ月)
FP2級/AFP;
勉強時間の平均の目安は170~180時間(準備期間は半年前後、5~7ヶ月)
FP1級/CFP;
勉強時間の平均の目安600時間以上(準備期間は半年~1年)

アナタがFPの資格を就職に使いたいのなら、関係が深いのは3級と2級ですね。
どちらの級も数ヶ月で取得ができるとなると、難易度がべらぼうに高い資格だとはいえません。
むしろ、FPの難易度は、比較的低めだとみなしてもよいのではないでしょうか。
もちろん、うかうかしていたら落ちてしまいますし、特に就職や転職が迫っている場合、受けなおすような余裕がたくさんあるとも思えませんから、確実に受かる方法を考えないといけませんが。

ちなみに、FPの場合、順序を追って受けるとは限りません。いきなり2級に挑戦する人もいますが、上記では、いきなり受ける場合の2級の目安を書いています。
3級に受かってから2級に挑戦する場合、もっと短い勉強時間でも受かる人は多いでしょう。

Categories :